スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビフォア/アフターについて、エピソードについて、かわいそうな横山について


こんにちは。今日もお花見日和ですね。
みなさんは楽しい夕方の一時をお過ごしでしょうか? 
それとも、センチメンタルに夕日を眺めているところでしょうか? 

僕の方は東高円寺でパタパタとパソコンを叩いています。
前職を退職してからほぼ毎日働いていますが、
一日一日の濃度が濃く、まったくの非日常にいるような気がします。
時々、ここがどこで、今がいつなのかがわからなくなる時があります。


さて、ホームページにストーリーの作り方(ビフォア/アフター)
というトピックスを作りました。
これは、実際にうちの生徒が書いたプロットに僕がどのような
添削指導をし、その作品がどのように変化したのかをまとめた
ものです。今後藤くんが付随するラフ画をアップしてくれて
いますが、お話を作らない方でも読み物として
面白いのでぜひご一読ください。

週末はその記事を作っていたのですが、エピソード
(ストーリー)作りって改めて面白いと思いました。
僕が生徒にいつも要求するのはエピソードについて
「沢山考える事」です。


例えば、先週仕事の後、僕と後藤と横山で駅前の居酒屋に
飲みに行ったのですが、そこで横山の出身が鹿児島の小原で
ある事が話題になり、それについてあれこれと話していたら、
店の主人が話に入って来て、小原節を歌ってくれた。
ご主人も小原の出身かと思いきやそうではなく、
岩手県盛岡の出身だと言う。では何故小原節を知っているかと
言うと、ご主人の生家は農家でたばこを作っていた。
それで、収穫の時期になるとたばこの葉を干している納屋
で寝る事があり、その際に祖母がよく歌ってくれた歌だと言う。
歌の歌詞は、


花は霧島 たばこは国分
燃えて上がるは オハラハー桜島
見えた見えたよ 松原越しに
丸に十の字の オハラハー帆が見えた
雨の降らんのに 草牟田川(そむたがわ)濁る
伊敷原良(いしきはらら)の オハラハー化粧の水

というものだが、ご主人は懐かしそうにその歌を
二度歌ってくれた。


というようなエピソードは、机の前に座って
白いノートを拡げただけでは絶対に浮かんで来ない
エピソードで、じゃあ、こういうエピソードをどのような
脳みその動きをすれば思いつけるようになるのか、
というと、今のところ僕にも確信的な方法はないのだけれど、
とにかく沢山考えるためのトレーニングはいくつか用意している。


エピソード作りは本当に面白い。いつか、自分も、
また僕の生徒もすごいエピソードがじゃんじゃんと
作れるようになり、周りの人から「あの人はエピソード職人だ」
と言われるようになりたい。


ちなみに、僕の中のエピソード職人は司馬遼太郎・浅田次郎・村上春樹です。


そんな事を考えている教室です。http://www.iruqa.com ◆漫画教室いるかMBA

※画は初めてパソコンを買うのにデザインだけで
マックを選び、購入後もう3日も経つのに
いまだにインターネットにすら繋げず途方に暮れているかわいそうな横山です。

スポンサーサイト

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いるかMBA

Author:いるかMBA

応援ありがとうございます!
ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ←クリック!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村←クリック!

←クリック!

ありがとうございました。
by 田中いるか
リンク
Lc.探しタグクラウド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。