スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の講義のお知らせ [ 2011.3.18 ]

こんばんは。あの大地震から一週間が経ちました。
とても長い一週間でした。とても疲れました。
みなさんも、とてもお疲れだと思います。
思うに、このような悲惨な事態、先の見えない強い不安というのは一生の間に一度の事だと思います。ぜひ、みんなで力を合わせて乗り越えましょう。

福島の原発の様子がとても心配ですが、明日も講義を行います。
電車が止まるかもしれません。来られる方だけ来てください。
家が遠くて来れない方は、その時間でぜひ漫画を描いてください。
普段描かないポーズや描かないキャラクターの練習をしてください。
メールでプロットを送ってくださってもかまいません。
この状況の中で、漫画に打ち込む事が何よりも大切だと思います。

明日は15時からです。
15時から作話理論「ドラゴンエイジ新人賞作品『マンドラゴラのハナ』を読む」です。
講談社や集英社や小学館が目指す漫画の対極として、富士見書房やスクエアエニックスや角川書店のいわゆる「ライトノベルズ的な漫画」があります。
どちらも立派な商品で、エンターテイメントとして成立していますが、漫画に対する概念やスタンスがまるで違います。今週は「ドラゴンエイジ」の新人賞作品を、来週は「アフタヌーン」四季賞の受賞作を読みます。読んで違いを確認した上で、自分の立ち位置がどこにあるのか、自分の漫画をエンターテイメントの商品にするには何が足りないのかについて考えます。

16時半からはヒラタ先生のキャラクターデザインです。
今回は「モデルになる人物からキャラクターを作ろう」です。
現実の人間(写真)からキャラクターを作ります。
現実の人間はとても情報量が多いので、そこから色々な要素を取り除いて、キャラクターとしてデザインします。
どの情報は取り、どの情報は残すのか。そこについて勉強しましょう。

18時から1時間ほどブレスト・アイデア出しをします。

授業は19時までに終わる予定です。
教室は22時まで開いていますが、早く帰りたい人は帰りましょう。


ここ数日の僕は地震やら原発やら計画停電やらで仕事が手に付かない状態でした。
みなさんもそうだったのではないかと思います。
しかし、いくら将来を悲観したところで、この現状は何も変わらないと昨日の夜気づきました。

遠藤周作も宮本輝も、それから三国志の曹操も言っているのでたぶん人間に普遍的な事だと思うのですが、どんな人の人生にも順風な時と逆風な時があります。
順風の時、がんばるのは、人間にとってそんなに大変な事ではないと思います。
その人間の真価は、逆風の中でどれだけがんばれるか、困難に立ち向う勇気があるかによると思います。

今、僕たちは共通の体験として非常に強い逆風を感じています。ちょっとぼんやりすると、自分の、そして日本の未来に対して悲観的になってしまいます。
しかし、こういう時こそがその人の力が試されている時なのだと思います。

上記の3人は共通して、人生が逆風の時は、焦ってあれこれしても上手く行かないから、力を蓄えよと言います。
逆風の後には、必ず追い風が吹きます。
その追い風になった時に充分に活躍できるように、逆風の時は力を蓄えておけと言います。

僕は昨日からまた再びがんばる事にしました。今日明日がんばったからと言って、この状況が変わるとは思いません。しかし、次に人生に追い風が吹いた時に大活躍するために、がんばる事に決めました。
今、悲観的になっても現状は変わりません。前向きに、建設的に、ぜひこの困難にみんなで立ち向かいましょう。そしてこの困難を乗り越えた時は、みんなでお祝いをしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いるかMBA

Author:いるかMBA

応援ありがとうございます!
ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ←クリック!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村←クリック!

←クリック!

ありがとうございました。
by 田中いるか
リンク
Lc.探しタグクラウド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。