スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと一息。


こんばんは。水曜日の夜です。みなさんいかがお過ごしですか?
僕の方は講義が終わり、体験入学の方も帰られたのでスイッチが切れた
感じです。
今日は2コマ。「物語内に二項対立を作る」と
チャーミングな主人公について」
やー。ありがたい事に、生徒さんが着実に増えています。
今日も二件の問い合わせがありました。

今日は僕の教え子のY君が教室に遊びに来てくれた。
Y君は和み系の人で、僕は彼に会うと無条件によい気分になる。
僕は浅田次郎の『壬生義士伝』が大好きなのだが、主人公の
吉村貫一郎のビジュアルイメージがY君で、彼に会うと
いつも『壬生義士伝』が読みたくなる。

壬生義士伝』、もし読んだ事がない方がいたら、
ぜひぜひぜひぜひ読んでみてください。
僕が今まで読んで来た小説の中で、最も感動した小説です。
電車の中で読んでいて嗚咽が漏れてしまって次のページが開けなかった
のは初めての経験だったな。

ちなみに僕の中でもう一つの最高に感動する作品は
司馬遼太郎の『坂の上の雲』。
日本海海戦では本当に鳥肌が立ちました。


そう考えると、どちら史実を基に作られた作品です。
笑われるかもしれないけれど、僕もいつか一度でよいので
この二つのような作品を描いてみたい。
そのために修行の日々ですね。
今日は「ホームレスの日記」の一話・二話のシナリオを書いて
講談社に送りました。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の描き方・漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

ビフォア/アフターについて、エピソードについて、かわいそうな横山について


こんにちは。今日もお花見日和ですね。
みなさんは楽しい夕方の一時をお過ごしでしょうか? 
それとも、センチメンタルに夕日を眺めているところでしょうか? 

僕の方は東高円寺でパタパタとパソコンを叩いています。
前職を退職してからほぼ毎日働いていますが、
一日一日の濃度が濃く、まったくの非日常にいるような気がします。
時々、ここがどこで、今がいつなのかがわからなくなる時があります。


さて、ホームページにストーリーの作り方(ビフォア/アフター)
というトピックスを作りました。
これは、実際にうちの生徒が書いたプロットに僕がどのような
添削指導をし、その作品がどのように変化したのかをまとめた
ものです。今後藤くんが付随するラフ画をアップしてくれて
いますが、お話を作らない方でも読み物として
面白いのでぜひご一読ください。

週末はその記事を作っていたのですが、エピソード
(ストーリー)作りって改めて面白いと思いました。
僕が生徒にいつも要求するのはエピソードについて
「沢山考える事」です。


例えば、先週仕事の後、僕と後藤と横山で駅前の居酒屋に
飲みに行ったのですが、そこで横山の出身が鹿児島の小原で
ある事が話題になり、それについてあれこれと話していたら、
店の主人が話に入って来て、小原節を歌ってくれた。
ご主人も小原の出身かと思いきやそうではなく、
岩手県盛岡の出身だと言う。では何故小原節を知っているかと
言うと、ご主人の生家は農家でたばこを作っていた。
それで、収穫の時期になるとたばこの葉を干している納屋
で寝る事があり、その際に祖母がよく歌ってくれた歌だと言う。
歌の歌詞は、


花は霧島 たばこは国分
燃えて上がるは オハラハー桜島
見えた見えたよ 松原越しに
丸に十の字の オハラハー帆が見えた
雨の降らんのに 草牟田川(そむたがわ)濁る
伊敷原良(いしきはらら)の オハラハー化粧の水

というものだが、ご主人は懐かしそうにその歌を
二度歌ってくれた。


というようなエピソードは、机の前に座って
白いノートを拡げただけでは絶対に浮かんで来ない
エピソードで、じゃあ、こういうエピソードをどのような
脳みその動きをすれば思いつけるようになるのか、
というと、今のところ僕にも確信的な方法はないのだけれど、
とにかく沢山考えるためのトレーニングはいくつか用意している。


エピソード作りは本当に面白い。いつか、自分も、
また僕の生徒もすごいエピソードがじゃんじゃんと
作れるようになり、周りの人から「あの人はエピソード職人だ」
と言われるようになりたい。


ちなみに、僕の中のエピソード職人は司馬遼太郎・浅田次郎・村上春樹です。


そんな事を考えている教室です。http://www.iruqa.com ◆漫画教室いるかMBA

※画は初めてパソコンを買うのにデザインだけで
マックを選び、購入後もう3日も経つのに
いまだにインターネットにすら繋げず途方に暮れているかわいそうな横山です。

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

物語内の時間が長いストーリーについて。

みなさんこんばんは。今日はよいお日柄でしたね。
こんな日は井の頭公園にでも行き、浮かべたボート
の上に寝転んでうふうふといつまでも妖しい妄想を
浮かべていたいです。


明日講義があるので、今日は「物語内時間が長いお話」
というテーマで色々と考えていました。


物語内時間が長いお話というのを、短編漫画で描くことは
可能です。例えば。


例えば、萩尾望都という漫画家は「ポーの一族」
という連作漫画の最初に描いた、「すきとおった銀の髪」
でたった16Pで30年間のバンパネルラの歴史を描いています。
続く、「ポーの村」「グレンスミスの日記」(24P+24P)
ではなんとグレンスミス家の5世代に渡る歴史を
「ポー」というバンパネルラの一族との出会いに絡めて
描いています。
このような短編漫画のあり方は今日では全くみられない
けれど、ストーリー内の時間軸に対してほぼ無自覚である
僕らにとってはとても示唆的である。


上記の3篇のお話の面白さは一緒で、要は「情け容赦なく変化
していく人間・世の中」と「それらを超越し、いつまでも
美しく妖しいバンパネルラの一族」の対比から来る不可思議さです。


僕はさっき今日ではこのような短編漫画のあり方は全く見られない、
と言ったけれど、本当にそうか。


実は、これの変形とも呼べるお話は漫画・小説、それから現実社会の
ニュースなんかでも時々見かける。


まずはそこそこ売れた漫画「イキガミ」の二巻、ボケたおばあさんは
ホームヘルパーの青年を昔戦死した自分の夫と間違えます。
世の中はどんどん移ろうけれど、おばあさんはその青年の中に
変わらない夫の姿を見た訳です。
浅田次郎の「角筈にて」。これはプチファンタジーですが、
責任を負わされてブラジルに飛ばされる商社マンが、
成田空港へ向かうタクシーの中で、数十年前に捨てられた
父親の姿を花園神社で見る。これはとてもよいお話なので、
興味がある人は読んでみてください。


それから、僕の高校野球のスクラップ記事から。

ある年の夏の甲子園予選京都大会。

「1人でも続けてよかった」御所東・杉本選手


入場行進の殿(しんがり)を務めたのは「45番目の出場校」御所東。
校名紹介のアナウンスを受け、観衆からひときわ大きな拍手がわき起こる中、
たった1人の部員、杉本尚士選手(3年)が背番号「1」をつけて堂々と歩いた。


御所東は2年前、御所工と統合し御所実業高校に。
同年から御所東の生徒募集が停止されたため、
杉本選邦最後の御所東選手として、3年間
ほとんど1人で野球を続けた。


杉本選手が入場行進に臨むのは今回が最初で最後。
「最後まで野球を続けた3年生を、何とかしてあげたい」
という、県高野連の粋なはからいだった。

行進では、同級生が1塁側スタンドに
「いつまでも忘れないでください・御所東高」
と書いた横断幕を掲げ、志を貫いた杉本選手に
エールを送った。
開会式終了後、杉本選手は
「緊張で頭が真っ白になっていたが、
スタンドの拍手がとてもうれしかった。
1人になっても野球を続けてよかった」
と感慨深げ。
「御所東という高校は存在した。忘れないでほしい」
と話し、球場をあとにした。

明治31年創立の御所東。来年3月、
杉本選手をはじめ最後の生徒の卒業とともに
110年の歴史にピリオドを打つ。


このエピソードも組み立て次第でお話になりそうですね。
御所東高校には創立明治31年から変わらない何かがあり、
それを杉本君も受け継いでいる。
そうして、開会式の入場行進で杉本君の姿を、
京都の老人ホームのテレビか何かで、
今は90歳ぐらいでボケてしまった
元御所東高校野球部のおじいさんが眺め、
その伝統の何かをする姿を見て涙を流す。
この場合も、おじいさんにとっては
(その感覚を読者とシェアできれば)、
今テレビの前にいる杉本君の姿は、
はるか70年前に自分や自分の
若い時の仲間と変わらないのです。


明日は生徒と、僕らの生活の中で「変わらないもの」を
見つけようと思っています。
僕がまず考えたのは携帯電話。
僕は機種変をちょうど昨日したけれど、
昔の携帯電話って、「変わらない」
ものの宝庫だと思うのです。

例えば、20代前半に使っていた携帯電話。
アドレス帳を開けば、「ああ、こんな人もいたなぁ」
のオンパレードだろうし、
メールを読み返せば、今はどこで
何をしているかもわからない、昔の恋人との
睦まじいメールのやり取りが残っているわけです。
こういうのをうまく使ってお話ができないかなぁ、
と考えています。


お話を作っていない方でも、
夜中にやればちょっぴりセンチメンタルに
なれる、ちょっとしたイベントにならないでしょうか?
恋人や伴侶に隠れて、夜中にこっそり
昔の携帯電話を見た方はメッセージください。
その地味な感傷をシェアしましょう。


そんなことをやっている教室です。http://www.iruqa.com ◆漫画教室いるかMBA

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

いるかMBA

Author:いるかMBA

応援ありがとうございます!
ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ←クリック!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村←クリック!

←クリック!

ありがとうございました。
by 田中いるか
リンク
Lc.探しタグクラウド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。