スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き・2人主人公の短編漫画は成立するのかについて。

こんにちは。雨がぱらぱらと降りますね。
久しぶりの雨もよいものですね。東高円寺は
静かな街なので、雨がよく似合います。

さて、昨日話した主人公が2人のお話。あれから考えていたら、
僕の中で別の日に話していた事とつながりましたのでご報告します。
それは、主人公の価値基準をピラミッドにし、
下位の部分もしっかり作ろうという数日前に話した事です。

例えば、物語の冒頭で2人は出会います。
1人はパンク少年、もう1人は離婚をしたばかりの主婦です。
二人の価値基準を示すピラミッドの上の方は全然違います。
少年は「バンドの事」や「かっこよさ」や「メジャーになる事」
主婦は「子供の事」「将来の保障」「元の夫への憎悪」などが
占めています。こんな二人、普通に考えたら接点がない。
しかし、下位の部分がおんなじで、それでつながりが出来る。
例えば、2人とも「時間に対する関心」がなく、「あくせく働く事」
を無意味だと思っている。2人の価値基準では共通してこれらの
事が下位にある訳です。


二人が出会う場所としては、例えば自動車免許の教習所なんて
どうでしょうか? 何故ならば、そこは特別な説明をしなくても
読者は容易に想起出来るし、運転免許を取るためには、
「時間に関する関心」や「あくせくする事」が特別に要求されそうだから。

二人は、始めお互いに言葉を交わす事などないのだけれど、
他の人たちがすいすい免許を取って行くのを尻目に季節がいくつ変わっても
免許が取れない。
お互いがお互いの存在を認識し、「もっとあくせくしろよ」
と思うところから物語が始まります。


あとは、パンク少年のバックストーリー、主婦のバックストーリーを
しっかりと考え、わかりやすく構成して読者に示し、二人がやがて友情で結ばれ、
嫌味な教官やセクシーな教官なんかとのコミカルなやり取りなど
「ならでは」のエピソードも交えつつ、
お互いにとっての「成長」(おそらくは免許状の取得)
を描いて行けばお話になると思います。

それでお話を構成してみて、次に「引き」や「色づけ」や「見せゴマ」
について考える。物語が派手でない分エピソードセンスが問われそうですが、
そこを上手く盛り込めればリアル系雰囲気漫画が出来上がると思います。
どうでしょうか。


そんなストーリーについて考えている教室です。
http://www.iruqa.com

画は、「やがて来るであろう税務調査に動揺が隠せない後藤」です。photo414.jpg

↑今、「これではうちが悪い事してるみたいだから書き直してよ」と後藤に言われたが書き直さない。


スポンサーサイト

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

わーい。明日は休みだ。

こんばんは。穏やかな土曜日の夜ですね。
今頃日本全国の幸せな家庭の食卓では、
楽しい夕餉が行なわれているんでしょうね。


僕の方は講義が終わって美味しいコーヒーを
飲んでいるところです。
土曜日は「プレイバック」講義と言って、
僕が前職の専門学校で教えていた事を
リクエストがあれば講義する事にしています。


今日は「迷わないキャラクターについて」でした。
面白いのは、1年前にやった講義であっても、
こうして改めて準備をして話してみると大きな発見が
ある事。今日は「キャラクター」について大きな
発見がありました。


多くの漫画において、キャラクターの価値観は
ブレない方がよい。そりゃあコミックス20巻とかの中には
迷ったりスランプに陥る場面も出てくるけれど、
桜木花道も、ルフィーも、悟空も、矢吹ジョーも
その他数え切れないぐらいの「キャラが立ってる」
主人公たちは自分の価値観を絶対的に信じていて、
迷いません(それが客観的に正しいかどうかは別にして)。


きっと、この何が正義で何が悪なんだかわかりづらい
世の中においては、彼らのような存在は漫画の中の事
ではあってもカリスマ性があるのだと思う。
だから、最終的にキャラが立つのです。


じゃあ、僕が用意した三人のキャラクターの
価値基準を価値が高い事から価値の低い事まで
ピラミッド型にしてみよう。
そして、自分の作るキャラクターにも
このピラミッドを応用して、物語の前半で
それがわかるエピソードをわかりやすく描こう、

という主旨の講義の予定でした。


僕が用意したのは江國香織の「ほんものの白い鳩」、
山田詠美の「ぼくは勉強ができない」、
あさのあつこの「バッテリー」のそれぞれ一部分で、

価値が高いものとしてそれぞれ「恋」、
「自分がいい顔をしているかどうか」、
「自分の満足のいく球をキャッチャーミットに投げる」
なのだけれど、

今日僕が気付いたのは、むしろ、下位の価値観が
重要であるという事。

例えば「鳩」の主人公と「僕は」の主人公は
どちらも「恋愛」というのが価値の上位に来ていて、
そこは一緒なのだけれどもキャラクター性は全然違う。

何故ならば、「鳩」の主人公の最下位には
「友達・家族」が来て、
「文字通り全てのものを捨てて恋愛だけに生きる女」
を描けているし、「僕は」の主人公は
「勉強が出来る・一流大学・一流企業・将来の安定」
などが下位に来て、
「既成の保守的な価値観に捉われない新しい主人公」
が描けている(小説自体が古いので
それ自体はあんまり目新しくないが。)。

また、「バッテリー」の主人公は
チームスポーツをやっている人であれば
当然上位に来るはずの「チームの勝利」とか
「チームワーク」というものは下位に来て、
やはり新しいタイプの主人公になっている。


そう、価値観の上位を選択するのは、
余程良いアイデアがないと新しさって
出にくいのであるが、下位の価値基準を
選択するのはまだまだアイデアが出そうだ。

そうして、その上位の価値と下位の価値の
コンビネーションで、読者がこれまで見た事が
ないような新しい「迷わないキャラ」が
生まれるのだと思う。
組み合わせって便利ですね。


にゃー。伝わっているかな? 
よくわからない方はコメントかメッセください。お答えしますので。


それと、今日は女性の方が一人教室見学に来てくれた。
入ってくれるとよいな。
みなさんの中でもうちの教室に興味がある方は
ぜひご連絡ください。


明日は休みだ。地元の草野球に参加するか、
ディズニーリゾートに行くかのどちらかだ。
どっちにしても楽しい一日にしたいな。

みなさんも楽しい週末を。

明日はお休みの教室です。http://www.iruqa.com

画は、「玄関にサイフ忘れているよ」と言ったら「どうせ
中身ほとんど入ってないんで取られてもいいです」と
やさぐれる横山のサイフ。photo411.jpg

↓よろしければ、ポチッとおねがいします


↓こちらも
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

いるかMBA

Author:いるかMBA

応援ありがとうございます!
ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ←クリック!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村←クリック!

←クリック!

ありがとうございました。
by 田中いるか
リンク
Lc.探しタグクラウド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。