スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エピソードって不思議。



こんにちは。もう木曜日ですね。みなさんは
楽しい木曜日の夜をお過ごしですか?
僕の方はコラムの3回目を書き終えたので
後藤くんにそれとなく今から飲みに行く事を
打診したのだけれど、あえなく却下されたところです。

いやー、最近の僕は馬車馬の如く働いているな。
後藤くんみたいな人が側にいてくれると、
僕もやれば出来る子なんだなって思えます。

コラムは「トキワ荘の面々がどうやってアイデアを出していたか」
です。よかったら読んでください。http://www.iruqa.com
ブレイクスルーキャンペーン、やってるんですけど
見てくれている人がさっぱりいないという状況がわかり
つつあります。僕らはどこで間違えたのか、ご意見あったら
メッセージください。


さて、今日はエピソードについて。
今日通勤電車の中でYou tubeでアンタッチャブルの
漫才やトークを見ていたのだけれど、
笑いをこらえるのに必死になってしまうぐらい
面白かった。

今日はその中から「ダウンタウンDX」での
アンタッチャブル山崎の言動を文字に起こし、
それからYou tubeで実際に確認という作業を
しましょうか。

「ダウンタウンDX」という番組は、エピソードの宝庫、
というか、そういう目で見てみると、番組の全てが
エピソードで作られています。
あの番組はお笑い番組なので、前提として出演者たちが
自分の身に起こった面白いエピソードを紹介していく
という形で番組が進みます。
つまり、出演者のリアルな体験から情報がインプットされ、
番組スタッフなどと打ち合わされ、それを番組本番に
エピソードとしてアウトプットするという仕組みです。

で、山崎のエピソードというのが、すごく面白いんですけど、
活字にするとあんまり面白くないんじゃないか、
彼のこのエピソードはアウトプットの仕方(話術)が巧みなので、
素材としてはそんなに面白くないんじゃないか、という
「面白いエピソード」があったのでご紹介します。

(まずダウンタウン浜田が山崎のエピソード紹介をする。)
友人と銀座のクラブに行った時、その店に、
当時付き合っていた別の店のホステスさんが
ヘルプで来ていた。僕が他の女性と楽しげに
お話をしていたら、それを見ていた彼女から
「殺す」というメールが届いた。

(以下、山崎がしゃべる。)
いやぁ、これはびっくりしましたね。まぁ僕は別に、
クラブに行くとは思ってなくて、友達と同窓会、
プチ同窓会みたいなのをやろうと言っていたんですよ。
そしたらその友達が店手配するっつって、
用意したのが、その友達の、行きつけのクラブだった。
なんだったら山崎連れてく?みたいな雰囲気の。
そしたらウェルカム状態ですよね。あは本物だみたいな。
顔でかいなんて言われて、いやいや体が小さいんだよなんつって。
そのような話で盛り上がってたら、付き合って一ヶ月目ぐらいの
その彼女がパッて入って来て、目が合って、やばいって思って。
こりゃまずいなって思ってたらもうその席に座ったとたんに
メールが入ってきた訳ですよ。
なんか怒られるんじゃねーかなって思って、
パッて見たら「殺す」って書いてあって。
怒られるどころじゃないんですよ。
殺されちゃうと。銀座のクラブで殺されちゃうと。
それで飲んでるけども、もう集中できないんですよね。
最後の飲みだなみたいになっちゃうじゃないですか。
とりあえずちょっと外でよ、と。
色々事情があるんだこっちも、あの大義名分はありましたから。
で、外出て、いやいや違うのよ、友達がどうこうっていうんですけど、
もうテンション上がっちゃってるから、
「殺す」「もう絶対殺す、絶対殺す」。でも言っても、
絶対殺せはしないだろうと思ってたんですけど、
なんか説得力が増して行く訳ですよ。
「殺す殺す。うんうん殺す」みたいな。
段取りが上手く行っちゃって、
手はずが順調に行っちゃった感じなんですよ。
いやいやいやだから僕ももうちょっと怖くなって来ちゃって、
殺さないでくれ、と。せめて。っつったら彼女が、
「じゃあキスして」って言うんですよ。
いや恥ずかしい話ですよ。(気持ちが悪いと周囲に突っ込まれ)
しょーがないでしょ。いやいや、それで、はいっつって、元気よく、
それで済むのみたいな、でチュッてして、もう殺さないっつって。

です。後半にキス云々が出てくるのに意外性があるけれど、
こうして文字で見てみると取り立てて面白くないエピソードが
「彼が語る」というアウトプットの仕方によってびっくりするぐらい
面白いエピソードになる。
ぜひご確認ください。ちなみにこの動画には3つのエピソードが
入っていてその3つめです。3つともすごく面白く見れます。

http://www.youtube.com/watch?v=Dq0WgoDdOBQ

エピソードって不思議。これから研究していきたいと思います。

http://www.iruqa.com
スポンサーサイト

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

吉沢くんの事。高円寺界隈の事。

こんばんは。みなさんは土曜の夜をお楽しみでしょうか?
僕の方は相変わらず教室でジクジクとお仕事ですが、
こんなに過ごしやすい土曜の夜は一年でもあんまり
ないんじゃないかな。

今日は教室が終わったら後藤くんや横山さんと
夜桜でも見に行こうか、と言っています。

僕は終電があるのでそんなに長居はできないのですが、
自転車通勤の二人がうらやましいです。


昨日は僕の教え子で現在ヤングチャンピオンで
「足利アナーキー」を連載中の吉沢くんが教室に
遊びに来てくれた。
彼の連載が始まったのが約一ヶ月前。僕が教室を
始めたのも約一ヶ月前という事で、お互いに
軌道に乗るまでは怖いね、軌道に乗ったら思いっきり
余裕ぶっここうね、という話をした。
彼はまだ21歳だが、連載が始まってからものすごく
成長したように見えた。それは、仕事上の責任感から
なのかもしれない。


駅前の居酒屋で飲んでいたのだが、僕は吉沢くんに
東高円寺への移住を盛んに勧めた
(僕自身もまだここに住んでいる訳ではないのだが)。

僕はいつか、この東高円寺という街が、
リアル系漫画の聖地のようになる事を
夢見ている。夕方、駅前の居酒屋に行くと
誰かしら漫画家や編集者がお酒を飲みながら
漫画の話をしている。みな顔見知りなので、
あるいはみな友達の友達なので、お互い気軽に話しかけられ、
そこでは友情が生まれたり恋が生まれたりするのだが、
何よりもそれで、お互いを触発しながらみなが優れた
作品を生み出してゆくというような感じにしたい。

それは、今は夢物語のような事であるが、
人間の歴史の中ではフランスのモンマルトルの丘や
日本のトキワ荘のように時々
面白いコミュニティーが存在する。

そのための努力だ、と考えると、
毎日仕事で先が見通せない今も
積極的に受け入れたい気持ちになる。

リアル系漫画を描いているみなさん。
ぜひ東高円寺に移住しましょう。
東高円寺発信の文化を一緒に作っていきましょう。

そんでいつか、みんなで余裕をぶっこきましょう。


そんな、まだ余裕はぶっこいていない教室です。http://www.iruqa.com ◆漫画教室いるかMBA

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

いるかMBA

Author:いるかMBA

応援ありがとうございます!
ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ←クリック!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村←クリック!

←クリック!

ありがとうございました。
by 田中いるか
リンク
Lc.探しタグクラウド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。