スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き・2人主人公の短編漫画は成立するのかについて。

こんにちは。雨がぱらぱらと降りますね。
久しぶりの雨もよいものですね。東高円寺は
静かな街なので、雨がよく似合います。

さて、昨日話した主人公が2人のお話。あれから考えていたら、
僕の中で別の日に話していた事とつながりましたのでご報告します。
それは、主人公の価値基準をピラミッドにし、
下位の部分もしっかり作ろうという数日前に話した事です。

例えば、物語の冒頭で2人は出会います。
1人はパンク少年、もう1人は離婚をしたばかりの主婦です。
二人の価値基準を示すピラミッドの上の方は全然違います。
少年は「バンドの事」や「かっこよさ」や「メジャーになる事」
主婦は「子供の事」「将来の保障」「元の夫への憎悪」などが
占めています。こんな二人、普通に考えたら接点がない。
しかし、下位の部分がおんなじで、それでつながりが出来る。
例えば、2人とも「時間に対する関心」がなく、「あくせく働く事」
を無意味だと思っている。2人の価値基準では共通してこれらの
事が下位にある訳です。


二人が出会う場所としては、例えば自動車免許の教習所なんて
どうでしょうか? 何故ならば、そこは特別な説明をしなくても
読者は容易に想起出来るし、運転免許を取るためには、
「時間に関する関心」や「あくせくする事」が特別に要求されそうだから。

二人は、始めお互いに言葉を交わす事などないのだけれど、
他の人たちがすいすい免許を取って行くのを尻目に季節がいくつ変わっても
免許が取れない。
お互いがお互いの存在を認識し、「もっとあくせくしろよ」
と思うところから物語が始まります。


あとは、パンク少年のバックストーリー、主婦のバックストーリーを
しっかりと考え、わかりやすく構成して読者に示し、二人がやがて友情で結ばれ、
嫌味な教官やセクシーな教官なんかとのコミカルなやり取りなど
「ならでは」のエピソードも交えつつ、
お互いにとっての「成長」(おそらくは免許状の取得)
を描いて行けばお話になると思います。

それでお話を構成してみて、次に「引き」や「色づけ」や「見せゴマ」
について考える。物語が派手でない分エピソードセンスが問われそうですが、
そこを上手く盛り込めればリアル系雰囲気漫画が出来上がると思います。
どうでしょうか。


そんなストーリーについて考えている教室です。
http://www.iruqa.com

画は、「やがて来るであろう税務調査に動揺が隠せない後藤」です。photo414.jpg

↑今、「これではうちが悪い事してるみたいだから書き直してよ」と後藤に言われたが書き直さない。


スポンサーサイト

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

エピソード研究会設立について。

photo410-2.jpg

こんにちは。ここ二日は本当に温かいですね。
春を通り越して初夏のような陽射しです。
今日はなんだか仕事が進まず、ぼんやりしています。
今「仕事」と書いて気づいたのだけれど、僕はここに
来てから「仕事」をしている意識は低くって、
家で洗濯しているのと漫画について考えるのが
ほぼ等価というか、一生懸命生きる事が仕事になりつつ
あるのだなぁと実感します。


昨日NEWTRALの2人の学生が帰ってから考えていた
のだけれど、漫画を描かない大学生や社会人の人と
(もちろんその中に漫画を描く人がいてもよいのですが、)
「エピソード研究会」というのを作ってみてはどうだろう。
NEWTRALの片方の子は今就職活動がほぼ終わった
ところなのだけれど、就職活動中にエピソードの大事さ
についてすごく実感した、と言っていた。つまり、限られた時間内で
自分を面接官に紹介しなければならない時に、エピソードセンスは
モロに問われる訳です。面接官が思わず食いつくようなエピソードを
選択できる子が、きっと就職活動で強い子なのだと思う、という点で、
僕とその子の認識は一致した。


それを敷衍すれば、人間があるコミュニティーの中で
生活している以上、自分じゃない誰かと
コミュニケーションをはかろうとしている以上、
エピソード力というのは死ぬまで問われる訳で、
やはりエピソード力がある人はコミュニケーション
能力が高いのだと思う。


どんな素材を選んで、それをどのような切り口で語るのか。
僕の知る限り、この問題を体系化してわかりやすく説明
している本はない。

例えば、僕らは「すべらない話」というテレビ番組を
ただ笑っている観ているが、あれだって
肝になっているのはエピソードな訳で、
分析をすればかなりの資料になると思うのだ。

教室を設立した時、何か何年も継続的に努力出来る事が
欲しいと思っていたが、エピソード研究などはどうだろう? 
僕らがそれを体系化出来たならば、需要は
たくさんありそうな気がする。


そんな訳で、「エピソード研究会」に参加したい方、
僕にメッセージをください。誰でも大歓迎です。

そんな事をたまにやろうとしている教室です。
http://www.iruqa.com

画は、「そしてついにパソコンを持って来なくなった横山」
photo410.jpg

↓ランキング参加中


↓ポチッとおねがいします
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

イントロについて。

みなさんこんばんにゃ。猫ひろしの弟の方じゃない、
いるかの方じゃない、猫ひろしの方のいるかの田中です。

みなさんは楽しい金曜の夜をお過ごしでしょうか?
僕の方はさっき松屋で牛丼を食べてきたところです。
今日もモリモリ働くぞ!!

僕の職場は後藤くんと横山さんが常駐するのだけれど、
二人とも技能があって素晴らしい。
今日は後藤くんをちょっとだけご紹介。

後藤くんは物を整理するのが得意だ。それは部屋の整理は
言うに及ばず、僕のこの5年間の授業の資料の整理、
講義の内容の整理、果ては僕から話を聞き取って頭の中を
整理までしてくれる。

ホント、素晴らしい相棒を持ったものです。

そんな訳で、後藤くんに整理してもらった短編漫画の
「イントロ」について。

イントロの第一の目的は、5W1Hを読者に示す事です。
5W、言えますか?WHO・WHAT・WHERE・
WHEN・WHY・HOWです。
これのうちのほとんどがわからない漫画を読み続けさせられるのは
苦痛以外の何物でもない。

じゃあ、5W1Hをモノローグで延々と語っていけばよいのか。
答えは否でしょう。そのように冒頭に文字が多い漫画はよっぽど
作者に好感を持ってくれている人以外は読んでくれないと思う。


主人公の口から自己紹介のように自分を紹介する漫画。
というのも時々あります。でもそれは△で、
芸がないというか、面白みにかけます。

高橋留美子の「めぞん一刻」のイントロが、僕が見たイントロの
中では秀逸でしたね。彼女はキャラクター4人をたった2Pで
紹介しています。興味がある人はぜひ読んでみてください。


特にファンタジーなどでは、読者が興味がありそうな
衝撃的な出来事をイントロに配置し、気を引こうというものも
ありますが、そのほとんどは失敗に終わっていると思います。
そのほとんどはどこかで見た事があるものだから。

僕は、イントロは基本的に絵で見せたらよいと思っています。
必ず見せゴマを作る。そうして、自分の世界観が一番読者に
伝わるようなコマ割りをする。

もしくは、エピソードですね。エピソードセンスのある
漫画家さんは、おそらく計算もせずにそれが出来ています。
「Papa Told Me」なんかがとてもよい例です。



イントロはとってもとっても大事だという話を、僕は以前
していたらしく、それを後藤くんが今日まとめてくれたという
話でした。


そんな事をやっている漫画教室です。http://www.iruqa.com ◆漫画教室いるかMBA

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

引きの大切さ

みなさんこんばんにゃ。
今日は昼間は温かかったのに夜は冷えましたね。
また帰るのが果てしなく面倒臭くなっているいるかの田中です。
みなさんは素敵な夜をお過ごしですか?


今日はブロスの原稿とイラスト!(僕のイラストは意外と需要がある。)
&広告のチェックをしました。
広告は今度4月1日に発刊される大学生を対象にしたフリーペーパーで、
ジョジョの荒木飛呂彦先生のインタビューの対面に載る予定です。載ったらまた報告します。


さて、短編漫画においても引きが大切だという話です。
長編漫画における引きの大切さは言わずもがなで、
週刊連載などでも読者が来週はどのような展開になるのだろう、
と一週間そわそわする展開が漫画では
連載作家にとってはベストな状況なのだろうと思われます。


僕が見てきた中でこれは上手いと思った引きを二つご紹介。


一つは長編漫画「課長島耕作」で、主人公耕作は副社長で
創業者の娘婿でもある男に、その愛人の監視を命令されます(銀座のクラブのママ)。
ところが、この女はなかなかしたたかで、
耕作を巧みに誘惑して二人は肉体関係を持ってしまいます。



ある夜、副社長が帰宅したのを見計らって二人はその女の部屋へ。
そうして、セックスを終えてたばこを吸っているところに
帰宅したはずの副社長が血相を変えて部屋に入って来ます。
ピンチです。絶対絶命の大ピンチです。


作者と編集者の偉いところは、ここで副社長が
クローゼットに隠れた耕作を見つけるようにしたところ。
クローゼットの中に隠れた耕作を副社長が見つけたところで
その回は終わるので、読者としては続きが大変気になります。


もう一つ。これは「どんと晴れ」というNHKの連続テレビ小説です。
そもそも、毎日10分間の放送時間しかない連続テレビ小説というのは
もう引きのオンパレードなのですが、その中でも秀逸だったのが、


主人公は老舗旅館の若女将です。
すっごく一生懸命働くし、お客さん思いです。
ある日、昔からその旅館を利用しているという中年夫婦がやってきます。
女将は愛想よく、丁寧に接客します。

ところが。まず、その旅館で一番良い部屋へお通ししたはずなのに、
客におかしな顔をされます。

引きの基本である「違和感」です。
そうして、その日は(たまたま)大きなあわびが獲れたので、
その活き作りをお出ししますね、と愛想良く言います。
ここでも客夫婦はけげんな顔をします。


何かありますね、何かあるんです。


そうして、客が温泉に入っている間に気を利かせて女将は布団を敷きますが、
上がって来た客はついに血相を変えて

「あなたには本当にがっかりした。気分が悪い。帰る」

と言って着替え出します。


気になりませんか。続きが気になりませんか?


これが引きです。


これをいっぱい収拾してタイプファイをし、短編漫画で利用しよう、
という授業をやっています。


引きは才能とかセンスとかじゃなく、単純な技術だ
というのが最近の僕の持論です。
僕は生徒と編集者が思わず飛ばし読みをしたくなるような
引きを作ろうと、最近こんな事に取り組んでいます。


そんな教室です。http://www.iruqa.com 【漫画教室いるかMBA】

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

いるかMBA

Author:いるかMBA

応援ありがとうございます!
ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ←クリック!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村←クリック!

←クリック!

ありがとうございました。
by 田中いるか
リンク
Lc.探しタグクラウド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。