スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナリティ溢れる作品について

こんにちは。今日は早い日記の更新です。
何故ならば、早く日記を書き上げてお昼寝がしたいからです、
というのは嘘で、you tubeで素敵な言葉と出会ったからです。

俺たちはポジティブだ。
俺はポジティブなことに
従事している。
否定的なものは何から何まで
完全に取り除きたいのだ。
ネガティブは出て行け

          ボブ・マーリ



やー、朝からテンションが上がりました。
かっこいいな、ボブは。


さて、オリジナリティー溢れる作品についてです。
先日「考具」というわりと有名な
ビジネス書を読んでいて、「なるほど」
と得心がいった事があったのでご紹介します。

この本は漫画の事については全く想定して
いないのだけれど、短編漫画についての
考え方とばっちり合っているような気がします。


著者はまずアイデアを、

「アイデアとは既存の要素の
新しい組み合わせ以外の何ものでもない」

と定義します。


さらに、企画書(短編漫画)をレストランのフルコースに例えます。


「生まれて初めての場合は別としても、
どんなコースを頼んでも一つや二つは
食べたことがある、あるいは名前だけでも
知っている料理があるでしょう? 
前菜からデザートまで見たことのない
お皿ばかりである必要もない、と思いませんか?
 一つの企画(短編漫画)が、新しいアイデアばかりで
構成されている必要もない、ってことです」



これは真理だと思います。


例えば短編漫画のイントロについて。


僕らはまず前菜(イントロのエピソード)を作ります。
この時、僕らに与えられている選択肢は二つあります。
一つは、お客が見たこともないほど
オリジナリティ溢れる料理を作るか、

もう一つは、オーソドックスな料理、
例えば魚介類のマリネではあるけれど、
最高の食材を使い、完璧なマリネを作るか。

ここで注意しなければならないのは、
お客は美味しいものが食べたいという
事です。美味しくないオリジナリティ
溢れる料理よりも、美味しいマリネの方が
喜ばれるのは道理でしょう。


という具合に、スープ、グラニテ、
お魚料理、メインディッシュの肉料理、
デザート、コーヒーを順番に作って行きます。

これを全部オリジナル料理にする
必要はないのではないか、という話です。
真にオリジナリティ溢れる料理は
1品もあれば充分ではないか。
その1品が本当に美味しかったら、
読者(編集者)は「このコース料理は
美味しいし新しい」という判断を下すのではないか。


もう少しお話を展開すると、
この場合の一つ一つの料理はエピソードを意味します。

エピソード作りについて、
皆さんはどんな工夫をしているでしょうか? 

天賦の才能に恵まれた人を除けば、
僕らは努力をしなければなりません。
果たして、良いエピソードを作るには
どんなトレーニングをすればよいのか。


現実という食材は無限にあります。
しかし、無限にあるから選択しづらい。
まずは、枠を作る事をお勧めします。
枠を作って現実を切り取る。
それを料理しましょう。


僕の教室では、そんなトレーニングを
毎週やっています。



そんな事を真剣に考えている教室です。http://www.iruqa.com ◆漫画教室いるかMBA

スポンサーサイト

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

イントロについて。

みなさんこんばんにゃ。猫ひろしの弟の方じゃない、
いるかの方じゃない、猫ひろしの方のいるかの田中です。

みなさんは楽しい金曜の夜をお過ごしでしょうか?
僕の方はさっき松屋で牛丼を食べてきたところです。
今日もモリモリ働くぞ!!

僕の職場は後藤くんと横山さんが常駐するのだけれど、
二人とも技能があって素晴らしい。
今日は後藤くんをちょっとだけご紹介。

後藤くんは物を整理するのが得意だ。それは部屋の整理は
言うに及ばず、僕のこの5年間の授業の資料の整理、
講義の内容の整理、果ては僕から話を聞き取って頭の中を
整理までしてくれる。

ホント、素晴らしい相棒を持ったものです。

そんな訳で、後藤くんに整理してもらった短編漫画の
「イントロ」について。

イントロの第一の目的は、5W1Hを読者に示す事です。
5W、言えますか?WHO・WHAT・WHERE・
WHEN・WHY・HOWです。
これのうちのほとんどがわからない漫画を読み続けさせられるのは
苦痛以外の何物でもない。

じゃあ、5W1Hをモノローグで延々と語っていけばよいのか。
答えは否でしょう。そのように冒頭に文字が多い漫画はよっぽど
作者に好感を持ってくれている人以外は読んでくれないと思う。


主人公の口から自己紹介のように自分を紹介する漫画。
というのも時々あります。でもそれは△で、
芸がないというか、面白みにかけます。

高橋留美子の「めぞん一刻」のイントロが、僕が見たイントロの
中では秀逸でしたね。彼女はキャラクター4人をたった2Pで
紹介しています。興味がある人はぜひ読んでみてください。


特にファンタジーなどでは、読者が興味がありそうな
衝撃的な出来事をイントロに配置し、気を引こうというものも
ありますが、そのほとんどは失敗に終わっていると思います。
そのほとんどはどこかで見た事があるものだから。

僕は、イントロは基本的に絵で見せたらよいと思っています。
必ず見せゴマを作る。そうして、自分の世界観が一番読者に
伝わるようなコマ割りをする。

もしくは、エピソードですね。エピソードセンスのある
漫画家さんは、おそらく計算もせずにそれが出来ています。
「Papa Told Me」なんかがとてもよい例です。



イントロはとってもとっても大事だという話を、僕は以前
していたらしく、それを後藤くんが今日まとめてくれたという
話でした。


そんな事をやっている漫画教室です。http://www.iruqa.com ◆漫画教室いるかMBA

テーマ : 漫画学校 /漫画教室
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

いるかMBA

Author:いるかMBA

応援ありがとうございます!
ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ←クリック!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村←クリック!

←クリック!

ありがとうございました。
by 田中いるか
リンク
Lc.探しタグクラウド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。